忍者ブログ

blog1

http://yasudadou.futene.net/

8月5日

一年ほど前、「in THE ROOM」と云うタイトルの漫画を、短期連載しました。
全六話で、終わったのは今年の頭だったかと思います。
僕にとって初連載の為、思い入れも強く、
しかし、過去、漫画を書いていてこれ程、大変な思いをした事はありませんでした。

下の「つづきはこちら」をクリックすると、
web拍手で頂いたメッセージの返信が表示されますぜ。




拍手返信

>初めまして、in THE ROOMのコミックを読んだJKです!
 小山田山小さんが好きすぎて毎日息をするのが楽しいです!!
 あの普段の飄々をした態度からの時々見せる
 切なげな恋愛を諦めた表情が完全に私の心を煽ってます!!大好きです!!!
 in THE ROOMは1人1人キャラが濃いので、
 細かい設定など知りたいな~…なんて思ってます!!(特に小山田さん!!!)

 これから先生の作品をpixivで漁り倒したいと思っています!
 応援しています、体調には十分お気をつけ下さい!!


ありがとうございます。奇跡かなあ、と思いました。
しかも女子高生だなんて。JKとは女子高生の事ですよね。
それとも、ジョン・F・ケネディでしょうか。
しかし、彼は既に亡くなっているから、やはり女子高生だと思います。
とにかく、
小山田の事を好きになる人が存在するなんて、僕にとってはほとんど奇跡です。

と云うのも、以前も書いた通り、
今作品はサバイバルものではなく、ミステリやサスペンスものにしたいと思っていました。
しかし、なんやかんやあって結果的にサバイバルものを書く事になり、
それにともなって、サバイバルものによくいる、
「女性に性的暴行を働くような、場を乱す者」を登場させる必要が出て来ました。

けれども、
どうも僕はサバイバルものが苦手で、ほとんど読んだり見た事がないものですから、
特に「女性に性的暴行を働くような、場を乱す者」をどうしたら良いものか、
すっかり困り果ててしまいました。
役割や行動はほとんど決まってしまっているので、
僕はどうやって、
読者の「ああ、これサバイバルものでよくいるキャラクタだな」から、
彼を抜け出させる事が出来るかを凄く悩み、試行錯誤しました。
それが、自分の容姿にコンプレックスを抱いている、と云う設定に繋がります。
結果、それをちゃんと読者に伝える事は出来なかったし、
そもそも伝わった所で印象は変わらなかったし、
まるで成功しているとは思えませんが、
彼を気に入ってくださる人がいるとわかって、涙が出る程、嬉しいです。
奇跡だなあ、と思います。


長々と前置きが続きましたが、ここから本題です。長いですか。すみません。
長いついでにキャラクタの設定に関して、断っておきますが、
ご期待に添えるような大したものはありません。
人間、大した出生や過去はないものなので、
キャラクタにもあまり、
人格を形成させる程のドラマティックな過去を設定しない方式を採用しています。

その為、
桜田正義は、
凶悪な犯罪に巻き込まれた過去がある為に犯罪者を憎んでいる、
なんて事はなく、
代々警察官の家系で、両親の熱心な教育によって強い正義感を養っているだけです。
父親が警察庁組織犯罪対策部長と云うとても高い役職に就いており、
同僚は彼の勝手な行動を疎ましく思いながらも、強く指摘出来ずにいます。

小山田山小も、
家庭環境が影響して幼い頃から問題行動を繰り返し、
結果、誰からも疎外されるようになった事で、更にコンプレックスを肥大化させていきます。
高校を中退した後も、就職先で問題を起こし、職を転々とする生活を送り、
次第に自分が報われないのは、
他人が悪い、社会が悪い、女が悪い、と責任転嫁するようになります。
ちなみに過去、女性と交際に発展した事はありません。

しかし、桐子切佐木に関してだけ、
生まれつき自分を除く人間と動物、虫等の命の重さに違いが見出せないと云う、
特別な設定があります。
彼は先天的な精神病質者です。
そんな彼が幼い頃、食肉工場に関するドキュメンタリー番組を見た時、
そこに映された家畜の様子に強い衝撃を受け、
以来、命の重さを軽視するようになりました。
彼の残虐な行いは、命を軽視した愚かで不心得な遊びであり、
自分は他人よりも優れていると誇示する為でもあります。
命の重さが云々と云った設定は、
酒鬼薔薇聖斗の母が記した手記のエピソードから、影響を受けています。


普段、あまり自分の漫画について詳しく書かない為、
何かいっぱい書いたなあ、と云う感じですが、いかがでしょうか。
もうこれで「in THE ROOM」は終わりです。
読んでくださった人、単行本を買ってくださった人は、本当にありがとうございました。
これからもどうぞ宜しくお願いします。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新記事

(12/03)
(11/22)
(11/11)
(10/31)
(10/16)

プロフィール

HN:
安田剛助
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(07/14)
(07/18)
(07/19)
(07/20)
(07/21)

P R