忍者ブログ

blog1

http://yasudadou.futene.net/

9月16日

本日、くらげバンチにて、
「私と彼女のお泊まり映画」の8話目が公開されました!
今週の映画は「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」です。
いつも仲良しな小春と麻由美ですが、映画の解釈違いにより、珍しく喧嘩したりします。
今週もなにとぞよろしくお願いします~!m(_ _)m

以下、あとがきです。





「私と彼女のお泊まり映画」8話目あとがき


読んでくださってありがとうございます!m(_ _)m
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」はとても好きな映画ですので、
好きな映画を見るふたりを描くことができて、楽しかったです。
喧嘩するふたりも描きたいと思っていましたので、満足でした。
小春は、「最終的には麻由美は絶対自分の意見に賛成してくれる」と思っており、
麻由美は、
「基本的には波風を避けて小春に同調するけど、
 何だかんだけっして自分の意見は曲げない」頑固さがあります。

そんなちょっぴりヘンクツなふたりですが、次回は仲良く一緒に買い物に出かけます。
次回は10月7日(第1金曜日)のお昼に更新予定ですので、
これからもふたりを見守ってもらえると嬉しいです。
よろしくお願いします~!m(_ _)m




あとがきがすでに余談ですが、さらに余談です。
以下、「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」のネタバレがありますので、
映画を見ていないかたは、ご注意ください。

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」は、漫画内でも触れましたが、
タイトルになっている
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」モノとはなにか、
本編において明確にされていません。
これってなんのことなんだろうね、
と小春と麻由美は、あのあと色々と話し合ったでしょうが、
僕は友達がいないものですから、ひとりでぐるぐると考た結果が、こちらです。

僕は、「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」モノとは、
オスカーにとっての「外の世界」なのではないかと思っています。
答え合わせができないものですから、僕がそう思っているだけなのですが、
僕のなかではそうであると決めつけてもうしかたがありません。

まず、オスカーが、ノートにタイトルとして
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」と記していたことから、
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」モノとは、
そのノートに記されたモノなのではないかと思いました。
そのノートには調査探検の調査結果がまとめられています。
父・トーマスによると調査探検とは、
自分の世界に引き籠もりがちのオスカーを、
外の世界に触れさせるためおこなわせているものです。
つまり、「ものすごくうるさくて、」なるべく近づきたくないけれど、
トーマスのおかげで「ありえないほど近い」モノとなっている、
「外の世界」こそがそれなのではないかと思いました。

結局は色々な見解があると思うので、
自分の出した答えが絶対に正しい! とは思わないのですが、
自分なりの答えをぐるぐる考えたり、友達と話し合ったりするのは楽しいです。
ちなみに小春が出した答えも、麻由美が出した答えも、それぞれ違います。
あなたが出した答えはどうだったでしょうか。
なに云ってんの、お前の出した答えは的外れだし、
馬鹿なんじゃねーの、とか思われないか心配です。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13 14
15 16 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

フリーエリア

最新コメント

最新記事

(04/17)
(04/07)
(03/29)
(03/23)
(03/12)

プロフィール

HN:
安田剛助
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(07/14)
(07/18)
(07/19)
(07/20)
(07/21)

P R