忍者ブログ

blog1

http://yasudadou.futene.net/

10月30日

「クリミナル・マインド」の話ですが、
異常犯罪者を追い詰める側のプロファイラー集団も素敵です。
FBIの行動分析課(BAU)の人達です。
他のドラマなら単独で主役を張れる程、
ユニークな面々がBAUに所属して事件を解決します。

例えば、スペンサー・リード特別捜査官。
彼は飛び級を繰り返し、若くして多くの博士号を取得する天才で、
幅広い知識を捜査に役立てると共に、観察力にも優れ、更に直感像記憶を有し、
彼のひらめきは多くの場合、捜査を大きく進展させます。
座学系能力だけ見れば、まるでシャーロック・ホームズのようですが、
ホームズのような人格的問題を抱えていません。
幼い頃に両親が離婚、統合失調症を患う母の元で育ち、
問題を抱えながらも、今は施設で暮らす母を気遣う優しさも忘れません。
「性格の良い推理の天才」と云う最強とも云えるキャラクターです。
そして演じる役者さんが元モデルらしく、
顔立ちは整い、スタイルも良く長身です。
まだ二十代なので、時折、精神的・経験的未熟さも見られるとは云え、
これ程の(設定過多とも云える)キャラクターが、
「メインキャラクター七人の内の一人」と云う扱いに止まっているのには驚きですね。
正直、彼が有能過ぎて、
彼ともう一人、これもまた有能過ぎるテクニカル分析官のペネロープ・ガルシア、
この二人がいれば他の人達はいらないような気もします。
そして、優秀なプロファイラーでなくともわかると思いますが、
僕はこのリードがとても好きです。
ちょーかっこいい。
リードが退場しようものならドラマの視聴を止めるいきおい。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
2
3 4 6 7 8 9
11 13 14 15 16
17 19 20 21 22 23
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

最新記事

(09/24)
(09/18)
(09/12)
(09/10)
(09/05)

プロフィール

HN:
安田剛助
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(07/14)
(07/18)
(07/19)
(07/20)
(07/21)

P R