忍者ブログ

blog1

http://yasudadou.futene.net/

4月19日

・4月26日に発売されます社会人百合アンソロジー
 「ショコラ2 社会人百合アンソロジー」に参加しています!
 どこか小春と麻由美に似たふたりの、
 同棲と共働きと家事にまつわる共依存百合です。

・4月28日に百合ナビさんのところで更新される
 web百合アンソロジー「トワール vol.3」に参加しています!
 お嬢様と使用人の性と近未来にまつわる共依存百合です。

・5月12日に
 「草薙先生は試されている。」コミックス2巻が
 発売されます!
 草薙先生と一姫も共依存百合と云えなくもなくもなくなくなくないですね。

・5月17日に僕が原作をしております
 「痩せたいちゃんと失恋ちゃん」(作画・文尾文先生)の
 コミックスが発売されます!
 痩せたい社会人と、
 そのひとに失恋している女子高生の共依存百合です。

・ところで先週金曜発売のヤングアニマルに
 「じけんじゃけん!」の最新話が掲載されています!
 共依存は関係ありません。


もろもろもろもろ、もろもーろもろよろしくお願いします。
PR

3月23日

昨日発売のヤングアンマルにて、
「じけんじゃけん!」の最新話が掲載されています。
張り込みのためにトイレを我慢する犬神先輩の話です。
ドラマ「ケイゾク」の柴田と真山さんの会話から着想を得ました。
確か張り込みのときにトイレをどうするかという話をしていたと思います。
ところで安田剛助はトイレについての話をよく描きますが、
そういうのが好きなのでしょうか。
とくべつそんなつもりはないのですが、女の子がひどいめにあうのは好きです。

さてさて、
「草薙先生は試されている。」のコミックス2巻の発売が
5月11日になるそうです~!
まだ遠いように感じますがすでに3末なので、
ひと月ちょっとでやってきます。
特典をつけてくださる書店さんもある予定でして、
コミックス描き下ろしとあわせてまた色々と頑張ろうと思います。
発売が近くなりましたらまたお知らせしますので、
なにとぞよろしくお願いします~。

3月19日

先々週の金曜日に発売したヤングアニマルにて、
「じけんじゃけん!」の最新話が掲載されている話はもうしましたか?
していませんね。
もういまさらいいですか?
たしかにここを読んでいるひとなどごくわずかなのですから
雑誌が発売されるたびに書くこともないかと思うのですが、
書かなければ書かないで「あ~書いていないな~」と
妙に気に病む日々を送ることになるので、やはり書いたほうがよいのです。

だから書くが……、

掲載……

されている。
YEEEERRRRRRHHHH!!!!

せっかくなので「CSI:マイアミ」風にしてみました。
また、
ツイ4では「草薙先生は試されている。」の今月分の更新が始まっていますので、
そちらもどうぞよろしくお願いします。
そろそろコミックス2巻がうんぬんという話もし始めるころですね。
というか、いままさに単行本作業の真っ最中です。
この件についてのお知らせも近々するかな~と思います。

2月27日

本日発売のアンソロジー、
「百合ドリル 難問編」「百合ドリル 応用編」に参加してます~!
前者に4P(4設問)、後者に9P(1設問)描きました。
アンソロジーの読切は連載を狙った読切とは違って、
そこまでパッケージを考えなくてもいいのでただただ楽しく描けて素敵です。
とくに「百合ドリル」は企画自体が大喜利みたいな面が強いので、
より楽しかったです。
大喜利やフリートークが面白いひとは最強。

また、先週の金曜日発売のヤングアニマルにて、
「じけんじゃけん!」の最新話が掲載されています~。
こちらもどうぞよろしくお願いします!

2月11日

web拍手返信


>キラーキラーガールズ大好きです。コミックも全て買ってます。
 ケイビーの過去が見れなかったのがとても残念です…。
 どんな過去があったのか知りたいです


ありがとうございます~。
キラキラはもう何年前でしょうか、3年くらい前ですよね。
いまだに好きと云ってくださるかたがいて、本当にありがたく思います。
たまに担当さんと「面白かったけどね~」みたいな会話をします。

「KILLER☆KILLER GIRLS!」は死刑囚の女の子たちを主人公にした漫画で、
毎巻末に各キャラクターが殺人に至る原因や過去を描いていましたが、
巻数が足りずにケイビーの過去を描けず申し訳ないことをしました。
ただ、本編で垣間見えた自己顕示欲の強さやナルシシズム、
行動が短絡的で自分の行動の結果を予測できないところ、
最終話のifストーリーであった継母との関係などから、
色々と想像してもらえると嬉しいです。
いつかケイビーのためにもちゃんと描いてあげたいとは思うのですが、
そうして想像の余地を残しておくのも楽しいかもしれませんね。

若干、話が逸れますが、
また犯罪者の心理を描けるような漫画も描きたいなあ~と思います。
マイフェイバリット・猟奇殺人犯は
海外ドラマ「メンタリスト」のサンホワキン・キラーです。
「メンタリスト」で云えば宿敵レッド・ジョンも、
途中あまりに強く・格好良く描きすぎていたので「うーーん」と思っていたのですが、
正体がわかるとかなり人間的だったので結果すごくお気に入りです。
同じく海外ドラマ「NCIS」のサイバー・ビデオ・キラーもすごくよくって、
逆にポート・キラーはちょっとファンタジックすぎてあまり好きではありません。
意外にもかなり計画的な犯行のくせ、偶然に頼るところが散見され詰めも甘く、
頭がいいんだか悪いんだかわからないのに
結果的にチームが振り回されるところが好きになれないのです。
それでもある程度、計画を進められたのは彼の行動力と情念によるものなのでしょうが。
アリやディアリングは好きです。行動理念が一貫していて。
「クリミナル・マインド」は最近のシーズンに関して、
実際のクリミナルのマインドとかなり乖離し始めていてあまり気に入らなかったのですが、
いざドラマが終わるよと発表されると寂しさを禁じえません。
何の話でしたっけ。

カレンダー

03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

フリーエリア

最新コメント

最新記事

(04/19)
(03/23)
(03/19)
(02/27)
(02/11)

プロフィール

HN:
安田剛助
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(07/14)
(07/18)
(07/19)
(07/20)
(07/21)

P R