忍者ブログ

blog1

http://yasudadou.futene.net/

9月1日

本日はヤングアニマル嵐さんの発売日です!
「じけんじゃけん!」40、41話目が掲載させてもらっています。
40話目は初の男子回で、男子組が昼休みにだべっている話と、
41話目は先輩がマジックを披露する話です。
昼休み中の男子高校生というのは、経験上、
かなり頭の悪いことを話しているので、その感じを楽しんでもらえると嬉しいです。
もちろん先輩は先輩でいつもどおりポンコツですので、
今月の「じけんじゃけん!」もよろしくお願いします~!

また、ツイ4さんで短期連載させていただくことになりました!
「草薙先生は試されている。」という漫画です。
百合です。
昔片想いをしていた女性の娘で教え子の中学生(13)に云い寄られて、
あたふたする先生(36)の話です。

ツイ4さんは、
運営されているTwitterアカウントで4コマ漫画を連載しており、
各作品、毎日1Pずつ掲載していくシステムらしく、
「草薙先生は試されている。」は9月5日から始まり、一ヶ月弱くらいのあいだ、
毎日1Pずつ16時30分ごろに掲載されるそうです。
当日はまたお知らせするかと思いますので、
なにとぞよろしくお願いします~!!m(_ _)m
PR

8月30日

web拍手返信

>ツイ4連載おめでとうございますー!
 となジャン、くらげバンチに続き、
 自分がチェックしているweb漫画に
 いつも安田先生が連載を開始されるので勝手に運命感じています!
 連載楽しみにしていますねー!


ありがとうございます~!
連載といっても短期連載? 読切掲載? に近いのですが、
連載につながるよう応援してくださると嬉しいです(>_<)

このように多くのかたと運命でつながれると素敵ですね。
運命ついでに、「じけんじゃけん!」連載中のヤングアニマル嵐さんと、
たまに読切などを掲載させていただいている
ウルトラジャンプさんもよろしくお願いします~(笑)。

ということで、まだほとんどどこも告知していないことですが、
ツイ4さんで拙作が掲載される予定です。
ちゃんとした宣伝はまた後日いたしますので、
そのときにまた詳細をお伝えできたらと思います。
編集さんから、
あまりひとの読まないところで小さく告知しています、
とは聞きましたが、やはり気付いてくださるかたは気付いてくださるものですね。

8月19日

web拍手返信

>じけんじゃけんとお泊まり映画、いずれも2巻購入しました。
 どっちもぶーちいい味出しちょります(山口)。
 百合子先輩、最近ますます可愛いらしいビジュアルになってますね。
 引いた顔とドヤ顔がホント好き。ていうかもう、皆好きです。ハイ


ありがとうございますー!!(>_<)
百合子先輩に限らずですが、都度、
そのキャラクターが一番魅力的になるような見た目に、と頑張っていますので、
そんなん云うてくれちゃったら、ぶち嬉しいけえ(広島)!

たしかに初期・百合子先輩は、ヤングアニマル嵐での連載ですし、
他で連載中だった「KILLER☆KILLER GIRLS!」との差別化という意味もこめて、
リアルタッチめにしようとしていました。
それはそれでエロい感じがしてよいと思うのですが、
作者の手を離れているといいますか、彼女は勝手に変わっていくふしがあり、
その変化もふくめて楽しんでいただけるといいなあと思います。
3巻収録予定の話も、
百合子先輩は引いてたりドヤったりしていますので、お楽しみに!

DCコミックス「アイデンティティ・クライシス」の前書きで、
ジョス・ウェドンが、
「本作は古い作品を否定することなく、しかし、
 新たな角度から光を照らすことによって、新しい彼らの姿を映し出している」
という旨のことを書いていて、
常にそのように新しく変化のある描き方ができたら素敵ですね( ´▽`)

8月17日

明日はくらげバンチにて
「私と彼女のお泊まり映画」の最新話が更新される予定です。
暑苦しい夜、ふたりでぐでぐでごろごろする話です。
先日コミックス2巻も発売されましたので、
あわせてよろしくお願いします~!!(>_<)

夏ですね。夏といえば怖い話。怖い話が好きです。
怖い話と一言でいっても様々な種類があり、
なかでもうまいことオチがあるタイプの怖い話が好きです。
有名な話でいうと、「ベッドの下の男」や「砂嵐とアダルトビデオの話」など、
なるほどー、そういうことか! こわい! と思います。
逆に嫌いなタイプの怖い話というのもあって、
それは例えば以下のようなものです。

・これは中学生のとき、体育の先生から聞いたのですが(←本当)、
 彼が幼いころ、彼の母と兄が、
 「夜中、髪の長い女がおおいかぶさってきた」と云うのだそうです。
 しかし彼は幽霊を信じていなかったものですから、心のなかで、
 「本当にいるなら出て来てみろ!」と毒づいたところ、
 夜中、寝ている彼のところに本当に現れてしまった、という話です。

結局、心の中で何度も『ごめんなさい』と謝っていると、
いつの間にか消えたのだそうですが、この話のどこが嫌かというと、
「幽霊は馬鹿にすると出て来る」というところです。

ある日、心霊番組を見るとします。
なかにはあきらかに作り物だろうという映像もありますので、
「こんなのありえない」と笑いながら、
もしかしたら多少、馬鹿にするようなスタンスでテレビを見てしまうかもしれません。
その夜、ふと、上のような話を思い出すのです。
「ちょっと馬鹿にしちゃったけど、まさか出て来たりしないよね……?」
こうなるともう最悪です。眠れなくなってしまいます。
ほかにも、

・ひとは潜在的に霊感を秘めていて、
 例えば、お風呂でシャンプーをしているとき、
 ふと背後にひとの気配を感じた場合、必ずいるらしい。

という話も嫌です。
つまりこういった、
聞いたときは大して怖くないし、うまくできた話とも思えないくせ、
のちのち思い出すと生活に害を与えるタイプの怖い話が嫌なのです。

嫌なので、ここに書いて皆と嫌さかげんを共有しようと思いました。えへへ。

8月9日

本日は、
「私と彼女のお泊まり映画」コミックス2巻の発売日です!

webで読んだことがあるかたも、
巻末とカバー裏には描き下ろしがありますし、
なによりとても可愛くデザインしていただいているので
(とくにカバー表4がわの折り返しが好きです!!
 あ、でも表1がわも素敵ですし、
 カバー表1も表4も、背表紙も、なんもかんも素敵です)、
なにとぞよろしくお願いします~!!(>_<)

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 11 12 13 14
15 16 17 19 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新記事

(10/20)
(10/18)
(10/10)
(09/30)
(09/29)

プロフィール

HN:
安田剛助
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(07/14)
(07/18)
(07/19)
(07/20)
(07/21)

P R