忍者ブログ

blog1

http://yasudadou.futene.net/

2月23日

本日はヤングアニマルの発売日です!
「じけんじゃけん!」掲載されておりまして、久々の一年生組の話です。
一年生組はこの漫画の世界を広くしてくれているので、とても気に入っています。
あとは野薔薇や、稲田・戸入・ひまわりの幼馴染み組もそうですね。
これからも基本の軸はぶらさず、
別の角度から光を照らして
世界を見つけていけるような漫画に出来ればなあと思います。
なにとぞよろしくお願いします~!!

それでは、ちょっと引っ越しでバタついていますので、これで(>_<)
PR

2月18日

web拍手返信


>私の彼女のお泊まり映画、いつも楽しみにさせて頂いていました。
 最終回なのがとても寂しいです(つд;*)
 私は彼女と遠距離恋愛しているのですが、寂しい時にこの作品を読んで、
 いつも励まされたり、幸せな気持ちにさせてもらいました。
 ありがとうございました!コミック化も切望しています!!


ありがとうございます~!!
小春と麻由美が、現実の誰かの生活にプラスのなにかを与えられたとしたら、
こんなに嬉しいことはありません(>_<)
今度は彼女さんと一緒に見る映画の参考にしていただければ幸いです( ´▽`)

コミックについて、
「私と彼女のお泊まり映画」は最終巻が3月9日に発売する予定ですので、
なにとぞよろしくお願いします~。
「私と彼女の同棲生活」はコミックス化する予定はなく、
しかしまとめたいという気持ちは強くあるので、
いまのところ、まとめるとしたら同人誌かなあと思うのですが、
いつか機会があれば~といった感じです(>_<)
そのときはまたここやTwitterなどでお知らせするかと思いますので、
よろしくお願いします~。

2月16日

web拍手返信


>毎回楽しみにしていてさびしい気持ちもありますが
 くらげバンチでの連載おつかれさまでした。
 二人の生活がこちらのサイトで更新されるのを楽しみにしています。
 じけんじゃけんも買います!女の子が可愛くて大好きです。


ありがとうございます(>_<)
残念ながら連載は終わってしまいましたが、
ここでもたびたび「私と彼女の同棲生活」を更新すると思いますし、
これからもふたりの生活は続いていくんだなあ、などと感じてもらえると嬉しいです。
「じけんじゃけん!」の子たちもなにとぞよろしくお願いします~!!


>お泊まり映画、完結お疲れ様です!
 小春と麻由美の物語や映画レビューをもう見られないのは残念でなりません。
 二人が付き合うまでの心情が繊細に描かれていたからこそ、
 二人の関係性の緩やかな変化がとても楽しみな作品でしたし、
 「同棲生活」の関係も「お泊まり」の延長線上と納得出来て楽しく読めました。
 完結してしまうと聞いて「終わるのかぁ、残念だなぁ」という喪失感に襲われたので、
 いつの間にか「お泊まり映画」が終わってほしくない漫画になっていたみたいで、
 改めて好きな漫画だと実感しました。
 「同棲生活」は更新があるとのことですので、
 今後も二人の交際を応援していきたいと思います。もとい安田先生応援してます。
 次回作もじけんじゃけんも楽しみにしてます。


わーありがとうございます~!!
そのようにふたりを思ってもらえて嬉しいです(T-T)
初めは五話だけの予定の短期連載から始まり、二巻で終わることもありえたなか、
一年半かけてゆっくりふたりの関係を描けたのは、
応援してくださったみなさまのお陰です。
もう少しすると最終巻のお知らせもするかと思いますので、
最後まで小春と麻由美と、
また、「じけんじゃけん!」と、
安田先生のこともよろしくお願いします~(>_<)

2月7日

web拍手


>彼女のお泊まり映画、大好きです。
 すこしずつ丁寧に描かれていく関係と、その後を描いたツイッターの漫画も好きです。
 双方を合わせて手元に保管したいなぁという思いです。
 ツイッターの方の漫画を書籍あるいは同人誌などでまとめるご予定はありますか?
 難しいところがあるかもしれませんがお願いしたいです。


わーありがとうございますー!!
手元に~と思ってくださるかたのおかげで漫画家は生き長らえています。
「私と彼女の同棲生活」についてですが、
いつかまとめたいという気持ちはあります!

いまのところ商業でまとめてもらえる予定はありませんので、
まとめるとすれば同人でということになると思うのですが、
やっかいなことに、
過去のパソコンクラッシュ事件のせいで冒頭20Pほどのデータが飛んでおり、
仕事のあいまになくなったページを描き直して~とやっていると、
いますぐに、という話ではなくなってしまいそうです。
また、もしまとめるとしたら、
付き合う瞬間編だか初夜編だかを書き下ろしたいというわがままな気持ちもあり、
さらに、同人誌を作ったことがないのでノウハウゼロときたものですから、
そうなるといつになることやらわかりません……。

お待たせするかと思いますが、
いつかやってくるだろうそのときまでふたりを忘れないでいてもらえると
嬉しいです……!!(>_<)

2月4日

web拍手返信


>「私と彼女のお泊まり映画」最終回お疲れ様でした。
 素晴らしい作品をありがとうございました。
 感謝の気持とともに、今まさに安田先生が以前仰っていた、
 『「もうこのひとたちのその後を見守ることはできないんだ」
 という何ともいえない喪失感』
 を味わっております……。
 お忙しいとは思いますが「同棲生活」の方を細々とでも続けていただけることを、
 一読者としては願わずにいられません。

 他の作品ももちろん応援させて頂いておりますが、
 やはり「お泊まり映画」ファンとしては
 次の先生の百合系?作品を勝手ながら期待しています。
 単行本最終巻の発売を心待ちにしつつ、今後ますますのご活躍をお祈り申し上げます。


ありがとうございます~!!
僕はそんなことを云いましたか。
なにか好きな作品にたいして云ったのでしょうが
(百合漫画や日常系漫画の読後感は寂しくなりがちなので)、
「私と彼女のお泊まり映画」をそのように思ってくださったのでしたら、
こんなに嬉しいことはありません。
編集さんや知り合い以外で、ここのブログを読んで、
なおかつ文章を覚えているようなひとがいるとは思っておりませんで、
ちょっとした緊張感がありますね。
ここではよく嘘をついているので、気をつけねばなりません。
ところで僕は向井理に似ています。

「私と彼女の同棲生活」については、
しばらくぼちぼち続けていこうかとは考えていますので、
引き続き小春と麻由美をよろしくお願いします……!!(>_<)

次の百合作品については、
おそらくツイ4での「草薙先生は試されている。」の連載になるのではないかと思います。
ほかにもちょこちょこ動いていますので、
その前に単発でなにかあるかもしれませんが、
そのときはまたここやTwitterでお知らせいたします。

まずは「私と彼女のお泊まり映画」の最終巻ですね。
3月9日発売の予定ですので、なにとぞよろしくお願いします~!!m(_ _)m

カレンダー

05 2018/06 07
S M T W T F S
2
3 4 5 7 9
10 11 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

最新記事

(06/12)
(06/08)
(06/06)
(06/01)
(05/11)

プロフィール

HN:
安田剛助
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(07/14)
(07/18)
(07/19)
(07/20)
(07/21)

P R