忍者ブログ

blog1

http://yasudadou.futene.net/

8月17日

明日はくらげバンチにて
「私と彼女のお泊まり映画」の最新話が更新される予定です。
暑苦しい夜、ふたりでぐでぐでごろごろする話です。
先日コミックス2巻も発売されましたので、
あわせてよろしくお願いします~!!(>_<)

夏ですね。夏といえば怖い話。怖い話が好きです。
怖い話と一言でいっても様々な種類があり、
なかでもうまいことオチがあるタイプの怖い話が好きです。
有名な話でいうと、「ベッドの下の男」や「砂嵐とアダルトビデオの話」など、
なるほどー、そういうことか! こわい! と思います。
逆に嫌いなタイプの怖い話というのもあって、
それは例えば以下のようなものです。

・これは中学生のとき、体育の先生から聞いたのですが(←本当)、
 彼が幼いころ、彼の母と兄が、
 「夜中、髪の長い女がおおいかぶさってきた」と云うのだそうです。
 しかし彼は幽霊を信じていなかったものですから、心のなかで、
 「本当にいるなら出て来てみろ!」と毒づいたところ、
 夜中、寝ている彼のところに本当に現れてしまった、ということです。

結局、心の中で何度も『ごめんなさい』と謝っていると、
いつの間にか消えたのだそうですが、この話のどこが嫌かというと、
「幽霊は馬鹿にすると出て来る」というところです。

ある日、心霊番組を見るとします。
なかにはあきらかに作り物だろうという映像もありますので、
「こんなのありえない」と笑いながら、
もしかしたら多少、馬鹿にするようなスタンスでテレビを見てしまうかもしれません。
その夜、ふと、上のような話を思い出すのです。
「ちょっと馬鹿にしちゃったけど、まさか出て来たりしないよね……?」
こうなるともう最悪です。眠れなくなってしまいます。
ほかにも、

・ひとは潜在的に霊感を秘めていて、
 例えば、お風呂でシャンプーをしているとき、
 ふと背後にひとの気配を感じた場合、必ずいるらしい。

という話も嫌です。
つまりこういった、
聞いたときは大して怖くないし、うまくできた話とも思えないくせ、
のちのち思い出すと生活に害を与えるタイプの怖い話が嫌なのです。

嫌なので、ここに書いて皆と嫌さかげんを共有しようと思いました。えへへ。
PR

8月9日

本日は、
「私と彼女のお泊まり映画」コミックス2巻の発売日です!

webで読んだことがあるかたも、
巻末とカバー裏には描き下ろしがありますし、
なによりとても可愛くデザインしていただいているので
(とくにカバー表4がわの折り返しが好きです!!
 あ、でも表1がわも素敵ですし、
 カバー表1も表4も、背表紙も、なんもかんも素敵です)、
なにとぞよろしくお願いします~!!(>_<)

8月6日

「私と彼女のお泊まり映画」の最新話が更新されて、
一週間以上が経ちました。
もうすっかり先月の話ですので、今更うるさいよとお思いでしょうが、いちおう。
今回の映画は「スター・ウォーズ」。
ふたりでレンタルショップに行き、映画を選ぶ話です。
よろしくお願いします!

さて、「私と彼女のお泊まり映画」コミックス2巻の発売が近くなってきました!
今月の9日(水)発売です。
一度webで読んだというかたも、
かなりとてもすごく可愛い感じでコミックスのデザインをしていただいていますし、
カバー下など描き下ろしも少しあります。
また、喜久屋書店さま、ゲーマーズさま、COMIC ZINさまでは、
ありがたいことに書店特典をつけてくださっています。

たまに1巻の書店特典のイラスト・1P漫画を読み返すのですが、
今からではこれらはもうあまり見られたり読まれる機会はないんだなーと思うと、
ちょっともったいなく感じてしまいます。
書店特典や描き下ろしなどもぜひ読んでもらいたいと思いますので、
コミックス2巻もなにとぞよろしくお願いします~!!(>_<)

7月23日

最近、インターネット上で発表されている記事や、
ツイッターなどに投稿されたひとの意見を読んで、
「なるほど、まったくあなたの云うとおりだ」と感心することが多くなりました。
ときには感心を通り越して、投稿者とともに怒ったりすることもあるかもしれません。
これはよくないことだなあ、と思います。

何故なら、
例えば、あるインターネットの記事があったとして、
その記事はAという意見を推すものだとします。
それを読んだ僕は「Aは正しい!」と思うわけです。
しかし、大抵の場合、
すぐにAの間違いを指摘し批判する、Bという意見を発表するひとが現れます。
その意見を読んだ僕は
「なるほど、そういう話であれば当然Bが正しい!」と思います。
しかしどうでしょう、少し時間が経てば、
さらにそのBにも間違いがあると指摘し批判、
ふたたび結果的にAが正しいという意見が、出回り始めるのです。
この繰り返しは、世間がその話題に飽きるまでおこなわれる気がします。

そうです、これがかの有名な「知識人スパイラル」という現象です。
知識人たちの論争に、
凡人であり、かつ本来その話題に何の意見も持たないはずの僕は、
振り回されるしかありません。
結果、面倒になって「もうAでもBでもどっちでもいいや」となるわけですから、
僕みたいな人間は、
スパイラルの途中で気軽に「Aが正しい!」「Bが正しい!」と思い込んで、
あまつさえ誰かを非難するようなことがないよう気をつけねばなりませんね。

そういうわけで、
事実でも嘘でもどっちでもいいような、
ポジティブなものだけをピックアップしたいものです。
足の裏をアルコールティッシュで拭くと、蚊に刺されにくくなるそうですよ。
仮に嘘だったとしても、
足の裏がちょっと綺麗になるだけなので、どっちでもいいですね。

7月17日

編集さんから聞いたのはもう四日前になりますが、
「じけんじゃけん!」1巻の重版が決まったそうです。
五刷目だそうです。とても嬉しい!!( ´▽`)
これも応援してくださるみなさまのおかげです。
2巻も好調だそうですので、
引き続き「じけんじゃけん!」をよろしくお願いします~(>_<)

近況ですが、パソコンの壁紙をメリッサ・ブノワに変えてみました。
メリッサ・ブノワとは、
海外ドラマ「スーパーガール」で主役スーパーガールを演じる女優さんの名前で、
彼女はスーパー可愛いガールでもあります。
スーパーウルトラ可愛いガールです。
僕は海外ドラマ美女ランキング1位を、彼女だと決めつけて仕方がありません。
ランキング2位以降は、以下のとおりです。
なお、見ている海外ドラマにはひどい偏りがあります。

2位 A・J・クック(「クリミナル・マインド」J・J)
3位 モリーナ・バッカリン(「ゴッサム」レスリー・トンプキンス)
4位 ウィラ・ホランド(「アロー」テア・クイーン)
5位 ジェニファー・ラブ・ヒューイット(「クリミナル・マインド」ケイト・キャラハン)

明日はイケメンランキングを発表したいと思います。

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
8 10 11 12
13 14 15 16 18
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新記事

(08/19)
(08/17)
(08/09)
(08/07)
(08/06)

プロフィール

HN:
安田剛助
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(07/14)
(07/18)
(07/19)
(07/20)
(07/21)

P R