忍者ブログ

blog1

http://yasudadou.futene.net/

9月13日

海外ドラマ「ハンニバル」のシーズン2、
「GOTHAM」のシーズン1を見終えまして、興奮冷めやらぬ今です。
次のシーズンのレンタル開始まで一年程でしょうか。
あんな引きで一年間待たせるなんて、
海外ドラマを作る人はきっとサディストなのでしょう。
ところで、特に「GOTHAM」の方に顕著に表れているのですが、
本当の意味で楽しもうとすると、
予備知識を必要とするものが増えてきました。

「GOTHAM」は、
有名なアメリカンコミック「バットマン」シリーズの前日譚を描いたドラマです。
原作の「バットマン」では老刑事として登場するジェームズ・ゴードン、
彼が若かりし頃に赴任して来たばかりのゴッサム・シティを舞台に、
様々な事件を解決してゆくと云う内容です
(原作「バットマン:イヤーワン」では、ゴッサムに赴任して来た時点で、
 ゴードンは割と歳を取っていたけれど、ドラマでは都合上、若い内に赴任して来ている)。
ジョーカーやリドラー等、有名な悪役(ヴィラン)も登場するのですが、
彼等もまだ若く、何だったらまだ悪事を働く前だったりして、
「ああ、この人、今はこんなに良い人なのに、あんな事になるんだ」
「あ、今、ちょっと、片鱗が見えたぞ!」と、
彼等がヴィランとなってしまう過程を楽しく見る事が出来ます。
「スターウォーズ」ep1~3のダース・ベーダーを見る時と同じ感じですね。

しかし、その為には、
彼等が最終的にヴィランになると知っていなければなりません。
彼が後のリドラー(なぞなぞを犯行現場に残すヴィラン)だと知らなければ、
「何なのこの人、何でこんなになぞなぞ出してくんの、なぞなぞおじさんなの」
となってしまうのです。
知っている人は「お、片鱗だな」と楽しめるのですが。
他にも知ってる人はにやりとする、そんなネタが満載ですが、
知らない人はにやりと出来ません。
僕もあまり知ってる方ではないので、沢山のネタを逃しながら、
それでもDCコミック辞典を片手に、戦いに挑むつもりで見ています。
そんな調子だから、終えた頃にはすっかり疲弊していますよね。
「これは、原作のこの部分のオマージュなんだ」
的な解説本が発売されるのを待っているのですが、どうでしょうか。
発売されないのでしょうか。発売待ってます……。

とにかく「GOTHAM」がとても面白いので、
打ち切りが発表された「ハンニバル」の分まで長く続くと良いなあと思います。
勿論、近くレンタルが開始される「フラッシュ」も楽しみにしています。
映画「バットマンvスーパーマン」「スーサイド・スクワッド」も公開されるし、
DCコミックの盛り上がりにわくわくが止まりません。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

05 2018/06 07
S M T W T F S
2
3 4 5 7 9
10 11 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

最新記事

(06/12)
(06/08)
(06/06)
(06/01)
(05/11)

プロフィール

HN:
安田剛助
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(07/14)
(07/18)
(07/19)
(07/20)
(07/21)

P R