忍者ブログ

blog1

http://yasudadou.futene.net/

10月6日

ゲームと云えば、
「ポポロクロイス牧場物語」の制作が発表されました。
「ポポロクロイス」シリーズと「牧場物語」シリーズ、
両有名ゲームタイトルのコラボレーション企画でいて、
「ポポロクロイス」シリーズの新作と位置付けられるそうです。
シリーズの最後になっていた「ポポロクロイス 月の掟の冒険」が発売されてから、
十年が経ちました。

その「ポポロクロイス 月の掟の冒険」ですが、実はまだクリアしていません。
「ポポロクロイス」シリーズ自体は昔からやっていて、
ゲーム主題歌「ピエトロの旅立ち」をカラオケで歌い、
全国でも歌っている人が恐ろしく少ないので
DAMの曲別ランキングで一位になる遊びをしたりするくらい好きなのですが、
「ポポロクロイス 月の掟の冒険」だけはクリアに至っていなかったのです。

と云うのも、
「ポポロクロイス 月の掟の冒険」は、
一作目「ポポロクロイス物語」とは違う流れを汲んでいて、
「ポポロクロイス物語」「ポポローグ」「ポポロクロイス物語Ⅱ」は王子ピエトロの物語、
「ポポロクロイス はじまりの冒険」と「ポポロクロイス 月の掟の冒険」は
それから十五年後の世界を舞台に、
ピエトロの息子、ピノンの物語になっており、
主人公が変わった事に象徴される通り、
最新の二作には色々と実験的な試みが随所に見られるわけですが、
具体的にひとつ挙げると、
馴染み深いあのポポロクロイス城が大幅に改築、増築されていて、
しかもグラフィックが2Dから3Dに変わったが為にものすごい迷っちゃって、
もうこれって、
ピエトロのお父さん(パウロ国王)が子供の時から
ほとんど内装が変わっていなかった事を考えると、
今更、パウロ国王が改築を命じるわけもないし、
かと云って、
爆弾落とされたり氷漬けになったり、
仕舞いには異世界に飛ばされたりしても全然壊れなかったので、耐久性も問題ない、
にも関わらず、たった十五年でこれ程、様変わりしていると云う事は、
確実にピエトロの意思が介入している事は明らか、
しかも、「ポポロクロイス はじまりの冒険」の時点で結構、皆、住み慣れている様子、
ピエトロは国王を継いで直ぐさま改築を命じた事が想像され、
え、じゃあ、何、
ピエトロ、あのお馴染みの城、気に入っていなかったのかい?
あの、お母さんが実は生きていると知った時も、
空に浮かぶ島に行く為に空飛ぶ船を作っていた時も、闇の世界に行った時も、
海水に触れると泡になってしまうナルシアを救いたい一心で抱き上げたあの時も、
「うちの城、城の入り口から割とすぐ近い部屋に玉座があって、
 嫌なんだよなー。危ないし」
って思ってたのかい!?
ってなっちゃって、あれですか、僕ちょっと面倒くさいですか。

で、この機会に「ポポロクロイス 月の掟の冒険」をプレイし始めました。
まだ少しプレイしただけですが、とても面白くて、
思えばお城も良い風に変わりましたよ。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新記事

(12/03)
(11/22)
(11/11)
(10/31)
(10/16)

プロフィール

HN:
安田剛助
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(07/14)
(07/18)
(07/19)
(07/20)
(07/21)

P R