忍者ブログ

blog1

http://yasudadou.futene.net/

8月27日

「スタンド・バイ・ミー」には、
若きキーファー・サザーランドが出演していました。
エース・メリルは重要な登場人物ですが、決して格好良い役とは云えなかったので、
「24」のジャック・バウアーがよほどハマり役だったのだなあ、と思いました。
「パルプ・フィクション」のティム・ロスを見るような気持ちです。

しかし、
メジャーであればメジャーである程、
その作品で演じた役のハマり具合が高い、と云うわけではないとも思います。
キアヌ・リーブスは「マトリックス」のネオよりも、
「コンスタンティン」の方がハマり役だと感じますし、
マット・デイモンは、
「ボーン・アイデンティティ」のジェイソン・ボーンのような完璧超人を演じるより、
「オーシャンズ11」のライナス・コールドウェルのように
才能とやる気はあるものの経験不足が否めない若者を演じた方が、
これは彼にしか演じられないんじゃないかなあ! と感じます。

日本の役者さんにも云える事で、
僕は好きな役者さんの「僕が考えるハマり役リスト」を持っています。
大泉洋さんは「探偵はBARにいる」よりも、「アフタースクール」の神野良太郎の方が、
堺雅人さんは「半沢直樹」よりも、「ゴールデンスランバー」の青柳雅春の方が、
唐沢寿明さんは「白い巨塔」や「20世紀少年」よりも、
「ラヂオの時間」の工藤学の方がよほど素敵です。
特に堺雅人さんや唐沢寿明さんは中でも凄い役者さんなので、
難しい役もこなしてしまう為にそこが評価されがちですが、
それはスキルの高さを表わしているのであって、
肝心の「彼でなければ感」を感じるかどうか、慎重に精査する必要があるでしょう。

そう云う意味では藤原竜也さんなどは物凄くて、
「藁の盾」の清丸国秀や「るろうに剣心」の志々雄真実なんてのは、
「こんなに凄い、もう、何と云うか、
ほとんど人間かどうかもよくわからない役を演じられるのは彼だけだろう」
と思いがちですが、
やはりこれはスキルに依存する所が大きく、いわゆるハマり役とは少し違うと云う考えです。
僕が思うベスト・オブ・藤原達也は、「古畑任三郎」の堀部音也です。
あれはとても良いです。
似た役をよく演じるタイプの人も、それでもやはり違いがあって、
木村拓哉さんは「HERO」や「ロングバケーション」のイメージが強いですが、
僕のベスト・オブ・木村拓也は「古畑任三郎」の林少年です。
また、「科捜研の女」も素敵ですが、
ベスト・オブ・沢口靖子は「古畑任三郎」の宇佐美寮長です。
ベスト・オブ・市村正親は「古畑任三郎」の黒井川尚ですし、
ベスト・オブ・田中美佐子は「古畑任三郎」です。
基本的にはもう「古畑任三郎」です。

三谷幸喜さんほど役者さんを中心に据えて脚本を書かれる人はいないので、
どうしたって格好良い配役になるのですね。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新記事

(12/03)
(11/22)
(11/11)
(10/31)
(10/16)

プロフィール

HN:
安田剛助
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(07/14)
(07/18)
(07/19)
(07/20)
(07/21)

P R