忍者ブログ

blog1

http://yasudadou.futene.net/

8月26日

最近、「スタンド・バイ・ミー」と云う映画を見ました。
結構、マイナーな映画なので皆さんご存じないかと思いますが、
話に聞いた轢死体を見付ける為、四人の少年が一夏の冒険に出ると云う内容です。
線路の上を歩く少年達の姿はとても印象的でした。
とても面白かったので、もっとメジャーになってもいいのにと思いました。

何で今更「スタンド・バイ・ミー」を、と思われるかもしれませんが、
映画ファンなら見ていて当たり前と云われるような映画を、
ことごとく見ずにここまで生きて来ました。
のうのうと生きて来ました。
別に映画ファンを名乗った覚えはありませんが、
これではいけないと思い立つ事が稀にあって、「スタンド・バイ・ミー」はその一つです。
他にも、一昨年くらいにようやく「スター・ウォーズ」を、
昨年には「ニュー・シネマ・パラダイス」を見たばかりです。
勿論、「ロッキー」や「アルマゲドン」なんかは見ていません。

どう云う映画を見て来たのかと云うと、「セブン」や「SAW」みたいな奴です。
この底の浅い感じ、わかるでしょうか。
作品自体は大変、良い作品に間違いはありませんが、
超メジャー作を見ない癖、知る人ぞ知る名作を知るわけでもなく、
ただただ「そこそこメジャーで皆が面白いと云ってる奴」を好んで見るのです。
狭く浅く、です。
この傾向はどのジャンルにも云える事で、
漫画もアニメも小説も、全部こんな感じなものですから、
これでは良くないなあと云う思いも当然あり、
僕は近く「時計仕掛けのオレンジ」を見る事でしょう。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新記事

(12/03)
(11/22)
(11/11)
(10/31)
(10/16)

プロフィール

HN:
安田剛助
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(07/14)
(07/18)
(07/19)
(07/20)
(07/21)

P R