忍者ブログ

blog1

http://yasudadou.futene.net/

7月4日

アニメやドラマで泣いた事こそないものの、泣きそうになる事は多々あります。
それに近年、涙腺が緩くなりつつあるようにも感じます。
ことさら家族ものに弱い傾向がありそうです。

例えば、海外ドラマ「HEROS」ファーストシーズン。
不死身のチアリーダーが、
謎の組織の構成員であるお父さんを銃で撃つ所なんかは、ひどく感動した記憶があります。
字面だけを見れば何のこっちゃわからないかもしれませんが、
親子の絆が描かれた、素晴らしいシーンだったのですよ。

家族と云えば、
映画「カールじいさんと空飛ぶ家」の冒頭、
カールじいさんと、今は亡きおばあさんとの思い出を描いたシーンには感動しました。
おじいさんと云えば、
海外ドラマ「THE MENTALIST」のサードシーズン、
検死官シュタイナー先生のラストシーンが悲しくて、目が潤みます。
丸くて可愛いと云えば、
アニメ「攻殻機動隊SAC」のラスト、
思考戦車タチコマが次々と特攻していくシーンなんかも、とても感動的でしたね。

そしてシュタイナー先生は丸くて可愛いですね。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新記事

(12/03)
(11/22)
(11/11)
(10/31)
(10/16)

プロフィール

HN:
安田剛助
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(07/14)
(07/18)
(07/19)
(07/20)
(07/21)

P R