忍者ブログ

blog1

http://yasudadou.futene.net/

6月2日

僕は映画や漫画など、創作物によって泣いた事がありません。
勿論、感動する事はあるのですが、
どうも他人よりもその盛り上がりが薄いようで、
泣けると呼び声の高い名作映画、
「私の頭の中の消しゴム」も、へらへらしながら見ました。

かと思えば、あっさり目頭が熱くなる事もあります。
最近では、「ヴォイニッチホテル」と云う漫画で、あっさり感動しました。
何故かはよくわかりません。
読者を泣かせにかかるような演出はほとんどなく、
作品全体の雰囲気はハード・ボイルドで殺伐としています。
何か、平気で女の子が「キメながらオナ」ったりしていましたが、
一方、その頃、僕はと云うと、泣きそうになりながらその様を見守るのでした。
たまにこう云う事があります。
しかし、やはり涙を流すまでに至らないのです。

僕が涙を流す時は、女の子と別れる時と決まっています。
その時は見苦しい程、泣きます。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新記事

(12/03)
(11/22)
(11/11)
(10/31)
(10/16)

プロフィール

HN:
安田剛助
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(07/14)
(07/18)
(07/19)
(07/20)
(07/21)

P R